人生が二度あれば






陽水は歌の中で父は65歳と言っている。

気がついてみれば私もその年齢に近づいてきている。

陽水はもうその年齢を超えているだろうと思う。

人生が二度あれば…どうするだろうか?

私は病気にならないようにするだろう。

仕事も家族も今間のままで十分だ。

あっと言う間に過ぎた30代から40代を,

もっとじっくりと生活し直したいけど無理かな~。

でも,人生は二度やり直せないから良いのかも知れない

ああすれば良かったとか思って,

老いた年代の生活をつましく生きていくのが良いのかも知れない。

全部正解で満点の人生は「つまんない」かもしれない。

あと何年生きられるかわからないけど,

「いい人生だった」って思って逝きたいな~。








この記事へのコメント

2015年12月17日 19:19
高齢になるほど毎日の過ぎるのが早い気がします。
それだけ黄泉の世界が近づいてるんでしょうね。
悔いのない毎日を、そして何とか人様のお役に
立つようにと思いつつ過ごしています。
でもなんだか病魔が門前にひしめいてきてる
ような感じもなきにしもあらずです。
2015年12月18日 09:15
いやあ まだ ソコマデ10年

だけど あっという間

なんでしょうねぇ・・・
2015年12月21日 00:15
>ああすれば良かったとか思って
若い頃から思っていた私です
でも、何を反省したのか、忘れてます
常に、新鮮に
>ああすれば良かったとか思って
また。
繰り返しています
2015年12月22日 12:06
「いい人生だった」…誰も思うことですね。。
終わりよければ全て良しですから。
今現在を楽しく意義深い日々を過ごせばと思っている私です。過去は振りむかないことにしています。
おいちゃん
2015年12月29日 10:15
nibari1498さん~
私もあと何日生きられるのかな~
なんて考えると…
この先は短いな~と思います。
貴重な時間ですから,
丁寧に使わなくてはと思っていますが,
なかkなかそういう風にはいかないものですね。
おいちゃん
2015年12月29日 10:18
もうヘトヘトさん~
なかなか教訓は生かされないのが人生のようですね。
私も反省ばかりです。
自分の生きた足跡を残したい…
とあがいていますが,
どうしてどっこい…うまくいかないものですね。
自分の歩いたあとが道になるのでしょうか。(笑)
おいちゃん
2015年12月29日 10:20
みなみさん~
そうですね,
後ろを振り向いてばかりじゃダメですね。
これからの短い(笑)未来に向けて,
精一杯生きるのがいいですね。
おいちゃん
2015年12月29日 13:20
高忠さん~
確かに年齢が進むにつれ時間の過ぎるスピードは増すように思われますね。
最近私は,あまり焦らないで…
時に身を任せて過ごしています。
退職したからそれができるんですけどね。(笑)

この記事へのトラックバック